北海道東部、釧路市と根室市のほぼ真ん中に位置し、漁業と酪農のまちです。
また、ラムサール条約登録湿地で国内3番目の広さを持つ「霧多布湿原」などの自然に恵まれ毎年多くの観光客が訪れています。

年間を通じて冷涼な気候であること、また霧多布湿原から流れ出るミネラル豊富な水により、北海道では古くから漁場として栄え その歴史は江戸時代まで遡ります

浜中町の海には、ウニの主食となるナガ昆布、アツタ昆布、ネコアシ昆布、トロロ昆布という4種の昆布があり、これが浜中のウニ独特の風味を生み出しています